00.png00.pngTOP PAGETOP PAGE00.pngConceptConcept00.pngコレクションコレクション00.png絹大陸絹大陸00.png松濤松濤00.pngホリ・ヒロシホリ・ヒロシ00.pngParis Shiho CollectionsParis Shiho Collections00.pngParis Shiho StudioParis Shiho Studio00.pngnavi-07.pngnavi-07.png
00.pngnavi-08.pngnavi-08.png00.png水尾柚子ぷろじぇくと水尾柚子ぷろじぇくと

MIZUO YUZU PROJECT

日本の柚子発祥の地、水尾(みずお)。京都、嵯峨嵐山から西北へ約4キロ、愛宕山の麓にあります。柚子栽培や清和天皇陵などでも知られ“きれいな水が湧く所”という名前を持つ美しい山里です。実生栽培にこだわり地元の生産者が大切に育てた柚子。それを使った加工品。静かな森林を抜けてのどかな集落へのウ ォーキングなど、水尾のたくさんの魅力を紹介します。

水尾は日本の柚子発祥の地

柚子の里で“食”と“住”を楽しむ日本最古といわれる水尾の柚子
14世紀初めに在位した花園天皇が水尾に柚子を植えたとされ、日本で最初の柚子栽培の地といわれています。愛宕山の豊かな伏流水と寒冷な気候が、今も香り高い上質な柚子を育んでいます。

水尾の柚子が最高級品質だといわれる理由
栽培に適した地であることはもちろん、京都という千年の都の需要に応えてきた栽培技術があります。長い伝統のなかで、生産者が育てる柚子への自負と愛情が最高級の評価を得ています。

地域活性に取り組みながら、ていねいな農産品づくりを
近年、高齢化に伴い後継者不足が問題になるなか、未来をになう農産品作りをテーマに、地域では様々な取り組みを始めています。樹齢100年を超える柚子畑を守りながら育てる柚子、ていねいな手作業で作る、さまざまな加工品が人気です。

生産者が作るさまざまな商品
直接、地域の生産者が、柚子しぼり、柚子ぽんず、柚子ジャム、柚子塩など、多くの関連商品を作っています。商品は、一つずつていねいに絞る手搾りです。
生産者が作るさまざまな商品

柚子の里で“食”と“住”を楽しむ

水尾で柚子風呂&地鶏のすき焼きを楽しむ水尾で柚子風呂&地鶏のすき焼きを楽しむ
水尾には、約8軒ほど柚子風呂と地鶏のすき焼きを接待する民家があり、毎年人気を集めています。人数や
時間など相談、予約すると、地域の柚子風呂振興連絡会が、合致した場所を紹介します。

ウォーキング水尾

京都から水尾への基本アクセス
車では京都・嵐山から約30分。電車ではトロッコ列車や保津川下りで有名なJR保津峡駅から自治会バスで
約15分で水尾に到着します。
京都から水尾への基本アクセス

「米買い道」ウォーキング ー水尾と嵯峨・落合を結ぶ道ーちょっと大人のネイチャーウオーキング/1
「米買い道」ウォーキング ー水尾と嵯峨・落合を結ぶ道ー
古来より京都と丹波地方を結ぶ要所、水尾。「米買い道」は、水尾の山里と京の都の北西の入り口、嵯峨・落合の約3.5キロを結び、村人が米や生活物資を持って行き交う大切な道でした。
今では、手入れの行き届いた杉林や、荒神峠で出会う椿の群落が、四季を通じて、自然と文化を感じられる森の中のウォーキングロードとして、親しまれています。

ちょっと大人のネイチャーウオーキング/2
宕山、山頂90minルート ー1300年の火伏せの道ー
歌に「伊勢へ七度、熊野へ3度、愛宕さんへは月参り」と歌われている愛宕山。愛宕神社は、家内安全や防火の神様で 、京都ではそのお札を台所に貼る習慣があります。また、3歳までに参拝すると一生火事に遭わないといわれる伝説があり、父親が子供を背負って参拝する姿も多く見られます。
水尾の里から愛宕山頂まで約3.7キロの登山道は、「水尾ルート」と呼ばれています。

柚子の里の歴史にふれる

清和源氏の粗、水尾天皇から1200年の歴史を感じて清和源氏の粗、水尾天皇から1200年の歴史を感じて
水尾は、この地を深く愛し「水尾天皇」とも呼ばれた「第56代・清和天皇」(850年~880年)ゆかりの地としても知られています。 天皇は出家後に、山城、大和、摂津などの寺院をまわり、水尾の山寺に立ち寄った際にその素晴らしい景観を気に入り、終焉の地と定めたと言い伝えられています。
清和天皇陵は、学問・文芸にいそしんでいたといわれる清和天皇にふさわしく、集落から少し離れた場所にひっそりとたたずんでいます。、

毎年5月3日に執り行われる清和天皇社例大祭山、山頂90minルート 
ー1300年の火伏せの道ー
水尾の里の中に、杉やヒノキの木立に囲まれた清和天皇社があります。里の氏神で、毎年5月3日には、古老や地元の方々に大切に守られてきた清和天皇社例大祭が、古式ゆかしく執り行われます。

PAGE TOPPAGE TOP

Top PageTop Pageconceptconcept紫峯コレクション紫峯コレクション絹大陸絹大陸松涛松涛ホリヒロシ[華うさぎ]ホリヒロシ[華うさぎ]Paris Shiho CollectionParis Shiho CollectionParis Shiho StudioParis Shiho Studio
About usAbout usお問い合わせお問い合わせ京・水尾京・水尾

株式会社紫峯 〒602-8202 京都市上京区大宮通一条上ル 西入栄町677 TEL.075-432-5884 FAX.075-415-1545